早めのり床をしてよかった

私は入院をして、手術をしたことがあります。その手術をするというのは、人生においてとても辛いことのひとつです。自分が知らない経験したことがないことをするのです。そのため、その不安はすごかったです。しかし、そんなことを考えていても仕方がないとさらりと決断をすることにしました。そして、頑張ろうと思ったのです。
そんな時、手術をすると手術後がとても辛いです。まず体を動かすことができないのは辛いですね。体中がとても痛くなります。寝返りもできないので、そのことがとてもストレスでした。自分でものを取ることもできないし、本当に手術後の辛さは今でも鮮明に覚えているほどです。
そんな時、こんな生活がいつまで続くのだろうととても不安になりました。もしかしたら1週間ぐらい続くのではないかと不安になったのです。
しかし、その翌日に歩くことになった時はびっくりです。早くも歩くの?と思いましたがその後のサイバーナイフでの放射線治療の経過がとてもよかったので、そのことは大正解です。