楽しく笑うと免疫機能が高まり病気の予防になります。

子供が初めて入院して、私は24時間付き添う事となりました。入院したばかりの頃は症状が安定せず、心配で仕方なかったので夜も寝ずに看病し、自分自身も気が張っていたので疲れることもなく子供の事だけを考えていたのですが、症状が落ち着いてくるとだんだん色々不便な事が出てきました。
一番困ったことは、付き添いを変わってもらいにくい事です。主人は仕事が多忙で、お見舞いにもなかなか来ることが出来ず、ほぼ病院に私が泊まり込む感じでした。ただ、そうやっていると何人か看護師さんと顔見知りになり、本当は患者さんしか使えないシャワールームを子供と一緒に入っていいよ。と融通を聞かせてくれたり、同じ病室のお母さんと仲良くなったり、だんだん私自身も病院に慣れてきてそんなに苦に感じなくなりました。
そして、退院の日担当の看護師さんが忙しい仕事の合間を縫って挨拶に来てくれたり、仲良くなったお母さんからお手紙を頂いたり・・・
入院は大変だったけど、とても良いご縁に恵まれたことに感激しました。

自分や家族が病気になると、ついつい気持ちも塞いでしまいます。でもそんな病気の症状を和らげたり、病気の予防になると言われているのが笑うことです。もちろん皮肉やブラックユーモアではなく、爽やかでみんなが楽しめるような笑いが大切です。

楽しく笑うことはどうして病気の症状を緩和したり、予防になるのでしょうか。一つにはユーモアを理解して笑うと、脳の刺激となりとても元気がでてきます。そのようにして精神のバランスを保つことにより、血圧の安定や鬱症状にも効果があるのです。

さらに楽しく笑うことによりホルモンの分泌量が増えて血流が良くなります。そして体温が上がり血液の循環が良くなると、免疫機能の働きが良くなるのです。そうすると病気と闘う力が増したり、アレルギーなどの免疫系統の症状の緩和にも効果が期待できるのです。

どうしてもストレスが多く病気になりやすい現代社会です。でも病気の人もそうでない人も毎日の生活の中で楽しいことを見つけながら、笑いの力で元気になりたいものです。

PR|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|女性の人生|お小遣いNET|お家の見直ししま専科|貯蓄|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|内職 アルバイト|GetMoney|童話|